活動報告

飯山地区 鬼火焚き


1月6日(土)飯山公民館長より「EPAの3名も地域交流になるので参加してみてはいかがですか。」との有難いお言葉をいただき、飯山地区の鬼火焚きに参加させていただきました。早めに伺い挨拶を済ませ地域住民とのふれあいや語らいを楽しみました。鹿児島の伝統行事で正月飾りについてきた悪霊(鬼)を追い払うとされております。天高く伸びる炎や激しく鳴る竹の破裂音。あまりの迫力にEPAの3名も火に見入っておりました。ある程度火がおさまってきたところで今度は長い竹の端に餅を挟み、餅を焼いておしるこの中に入れて美味しくいただきました。

飯山地区の皆様このような伝統行事にふれあう機会をいただきありがとうございました。