活動報告

EPAインドネシア介護福祉士候補者 成果発表会・閉講式


社会福祉法人寿康会では2年前よりEPA介護福祉士候補者を受け入れようと準備を進めてまいりました。インドネシアの3名とマッチングしたのが去年の12月頃。マッチングが成立して母国で日本語の勉強を開始し、今年6月に愛知県豊田市の中部研修センターでの勉強開始。本日はいよいよ成果の発表会。そして涙の別れの閉校式でした。

愛知県豊田市貝津町中部研修センター



アリフ成果発表会 「信頼関係」

ダニ成果発表会 「食事介助」

ムティア成果発表会 「学習環境、学習リソース活用」

3名いずれも成果発表会は日本語で実施。いずれも素晴らしい発表でした。中には発表会の緊張から解き放たれてお互いに抱き合ったり、涙したり。今日の閉講式で約200名のインドネシア候補生がそれぞれの職場に旅立つ辛さもあり。時間を惜しむように写真を撮ったり、会話を名残惜しそうにしている姿が印象的でした。
彼らはここを巣立ち
いよいよ鹿児島に向かいます。